無償サンプル品やおまけ、代替品のインボイス価格。

申告額正しく入力されてますか?

サンプルやおまけの商品に対し申告額を$0と記載して国際転送依頼される利用者様が増えてます。

結論から言ってしまうと、申告額不備で国際転送することができません。

では申告額$1はどうでしょうか。

ダメです。(その商品の市場価格以下の場合)

過少申告(アンダーバリュー)は「脱税」になってしまいます!!

発覚した時点で「修正申告」が必要となり修正申告費用は1件:33,000円の費用が発生いたします。

また、内容によっては弊社の会員を退会とさせていただくこともございます。

物である以上、おまけやサービス品であっても輸入する場合、必ず市場価格を記載する必要がります。

不要であれば無駄に関税などコストを支払う必要はありませんので破棄いたしますのでご依頼ください。

 

また、輸入した商品が不良品だった・部品などが欠品していた場合の代替品に関しても

市場価格の記載が必要です。

1度、商品の税金は支払っているのに なぜ!?と感じられるかもしれませんが

税関に欠品、不良品の代替品を証明する書類がない限り申告額の記載と関税・消費税の支払いは必要となります。

通関で過少申告の指摘を受けると他の利用者様の商品も止まってしまいます。

必ず市場価格を記載いただき誤りがないか確認いただき転送依頼をお願いいたします。

申告額に何か不安などありましたらお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 申告額を間違えて記載してしまったらどうしたらいいの?

  2. 本物!?偽物!?

  3. 料金改定のお知らせ

  4. オレゴン倉庫は祝日の為、お休みいたします。